鈴木無花果さんが雑記するようです。

小説をアップする場として利用するつもりです。

刀剣男士で学ぶ煙草の銘柄

燭台切光忠は金ピース(迫真

 

 

無花果です。

 

煙草をやめてそろそろ10カ月になります。これはもはや禁煙成功と言っても過言ではないでしょう。たまに1本くらい吸うけど。

 

さて、小説や漫画で喫煙するキャラはしばしば登場しますが、「煙草に火をつけて・・・」くらいの描写で終わってしまうとちょっと悲しいわけです。

ので、今回はそこのあたりに厚みを持たせる一助になればと、煙草のご紹介でもしてみようかと思います。

こういうキャラはこの煙草なんだな〜〜というご参考までに。僕の個人的な意見ですので悪しからず。

 

・へし切り長谷部

メビウス(旧マイルドセブン)

日本で一番売れてる世界で一番つまらない煙草です。シンプルな味わいで香りも少ない、仕事を邪魔しないようなデザインです。フィルターも真っ白で清潔感がありますが、冷たい印象も与えます。昔から吸っている人は大抵マイセンと呼びます。

イメージは規律、協調、没個性、他者への強制。

家計簿つけてて鶴丸の無駄遣いに悪態つきながら吸ってそう。

 

・鶴丸国永

セブンスター カッティングメンソール

セブンスターと言えば無骨なヤンキー向け煙草ですが、これはその極細、メンソール版。燃焼時間は短くミントも爽やかで、スタイリッシュな鶴丸に似合うかなぁと思います。ですがふとした瞬間のヤンキーっぷりはまさしくセブンスターのそれです。ちなみにセブンスター略称はセッター。これはセッターの細いやつ、とか言います。

イメージは繊細、清涼感、せわしない、ふと恐ろしい。

長谷部と一緒に喫煙所行くと速攻吸い終わって長谷部待たないでどっか行く。

 

・燭台切光忠

ピース(20)

甘いの好きなんだよね、とか言いながら死ぬほど重たい煙草吸ってる光忠って最高じゃありませんか(乗り出し

強い味、香りと、それに絡む濃いバニラの香りが特徴。高級感のある味わいに油断していると21gという大量のタールが脳を揺らします。まさしく光忠。

パッケージの色から金ピース、長さからロングピースとも。フィルターが無いものをショートピースと呼びます。金ピー、ロンピー、ショッピ、などなど。

イメージは高級感、重厚感、深い甘さ。

煙草吸ってるところを倶利ちゃんに見られて慌てて消して欲しい。

 

・大倶利伽羅

 マルボロメンソール

「ですよね~~」っていう喫煙者からの声が聞こえるようであります。

クセが無いながらもしっかりと味わいがあるマルボロシリーズ、そのメンソール版です。緑のパッケージはよく見かけるんじゃないでしょうか。スタンダードなマルボロ(赤マル)こそオッサン感がありますが、メンソールの煙草の中では若者人気はトップレベル。コルク柄のフィルターもビジュアル面で超重要です。

略称はマルメン。他にもブラメン(ブラックメンソール)、アイブラ(アイスブラスト)なども若者に人気で、倶利ちゃんも気分で変えてると思います。

イメージは若々しさ、みずみずしさ、なりかけの大人。

吸ってるところ光忠に見つかって怒られて欲しい。

 

……今日のところはいったんここまで。気が向いたら他の男士たちについても書いてみようと思います(なんとなく考えてるのは清光、宋三、陸奥、たぬたぬ、一兄、薬研兄らへん)。

煙草は20歳になってから!倶利ちゃんはまだだめよ!!